• HOME
  • > 印刷データをお客様で作る場合の注意事項

印刷データをお客様で作る場合の注意事項

PDF(PDF/X-1a)でご入稿ください

作成するアプリケーションはAdobeのIllusratorを想定しています。このソフトをご利用いただける方は、はじめに「印刷データ作成希望」のご連絡をお願いします。ご連絡いただけましたら、弊社の商品のひな形となるIllustratorファイルをお送りいたします。入稿データは、必ずこのひな形のIllusratorファイル上に作成して下さい。したがいまして、Illustrator以外のアプリケーションではこのサービスはご利用いただけません。印刷物のサイズ、色数、紙質はすべて決まっており変更できません。
弊社にお送りいただくデータはPDF(PDF/X-1a)でお送りください。PDF書き出し時の注意事項などは一般的なネットプリント(オンラインプリンター)各社へ入稿するときと同じです。
PDF/X-1aにつきましては、ネットにさまざまなわかりやすい解説がありますので、Googleで検索され、参考になさってみて下さい。

事前に「データ入稿する」旨のご連絡がなく、いきなりデータをお送りいただいても対応できません。メールが届かなくなるなど、連絡不能になった場合は納品できません

ココナラなどのクラウドサービスでIllustratorでデータを作るサービスをされている方が多数いらっしゃいます。そうした方に別途ご依頼いただく場合は、弊社の商品のひな形となるIllustratorファイルをお送りできますのでお問い合わせ下さい。

裁ち切りにつきまして

商品によっては、裁ち切りができないものがあります(封筒、ハガキ、付せん、席札)。

納期につきまして

繁忙期等さまざまな要素を勘案して、こちらで個別にご案内いたしますが、最終印刷データをお送りいただいてから、通常1週間程度で発送させていただきます。

披露宴当日など、印刷物ご利用日の4日前よりあとに納品することはできません。そのようなスケジュール進行には対応できませんのでご了承下さい。理由としまして、直前に刷り直しといわれても対応ができないためです。

校正とお支払い

必ず現物校正をご確認いただきます。校正は、一枚分の料金と送料がかかります。お客様希望納期によって、校正の送料は変わりますが、こちらで判断しますのでご了承ください。

お支払いは銀行振り込み前払いまたは代引きとなります。前払いご希望でも希望納期に間に合わない場合は、こちらで代引きに切り替えます。代引き手数料が加算されます。

折るラインの左右は4ミリ空ける

三つ折り席次表の表紙側で、折るラインの左右それぞれ4ミリ程度は、要素を配置しないでください。季節により、紙の性質上、伸び縮みが生じ、折るラインが左右に最大2ミリ程度ずれるためです。

色数について

招待状の本状以外は、片面カラー、片面スミ1色のいわゆる4C/1Cです。1CはBlackのみです。両面カラーは商品設定がなく承ることができません。

老婆心ながら申し上げます

ディズニーキャラなどは違法

使用の許諾を得ていない著作物(たとえばディズニーなど)を使って作られる方がいらっしゃいますが、違法ですので絶対におやめください。厳しい罰則がありますので、せっかくの大切な披露宴が、万が一の場合に台無しになります。

配席面の背景に画像やイラストは見づらいです

配席面は、見た目の美しさというよりもむしろ機能や目的が重要です。つまり、さまざまな年齢、立場の方が受けとって、印刷されている字を視認できて、自分が座る位置がわかることが必須です。文字の後ろに画像などが配置されていると著しく見にくくなりますので、おやめいただくことをおすすめします。

ワードやエクセルのワードアートは使わない

あくまで上品で安っぽくしないためには、明朝体や楷書体といった歴史ある書体を使ってください。選んだら、その書体以外の書体は使わず、すべてその書体で統一します。複数の書体を一つの紙面で混ぜるのはプロはしません。ポップ調の書体や、ワードアートはプロは絶対に使いません。

入稿はしっかり余裕を持ってください

自分で作れると、つい、作業が後まわしになりがちです。納品されたものに間違いがあっても、披露宴当日の4日前を過ぎると、こちらは対応できません。必ず、納品が披露宴当日の1週間程度前になるよう、余裕を持ってデータ作成作業に着手してください。また、校正も二人以上の方で行うようにしてください。